IPO(株式上場)をお考えの方へ

上場準備段階における証券会社・監査法人などからのアドバイスは非常に重要ですが、会社がそのアドバイスを実行するには多大な負荷がかかります。私は上場を目指す2社で、実際に証券会社・監査法人との最前線の対応を経験してまいりました。その経験から、教科書的な「べき論」ではなく、実際に会社の「できる」を支援するサービスを提供いたします。

また、上場準備のような専門的でありながら期間が限定的な業務については、外部専門家を弾力的に活用することで人材採用に関する様々なリスク(注)を低減しつつ業務を円滑に遂行することができます。そうした人的リソースの観点からも、経験者である外部専門家を必要に応じてご活用いただくことをご提案いたします。

(注)期待される業務遂行能力があるかどうか、会社の文化にうまく馴染めるかどうか、上場後に余剰人員となってしまわないか等、フルタイムの正社員採用で期待されることが十分に機能しない状態。

 

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 証券会社、監査法人からの宿題が「べき論」ばかりで、具体的な進め方がわからない
  • 市況はいつ変わるかわからないので、最短で上場まで漕ぎつきたい
  • 社内に上場経験者がいないので、いまの体制で上場準備に耐えられるか不安
  • 上場後はあまり人手を要しないが、当面は上場準備要員として人手がほしい
  • IPOしたいけど、何から手を付ければいいかわからない

 

当事務所へ依頼するメリット

(1) IPO(株式上場)コンサルティング・実務支援

上場を目指す会社のステージ(創業期、成長期、公開直前期)に応じたコンサルティングサービスをご提供いたします。上場準備の初期段階から上場後まで管理業務全般を幅広く経験している税理士が、経営者と同じ目線で考え、専門家としてのアドバイスおよび実行支援を行い、貴社のIPO(株式公開)実現を全力でサポートいたします。

 

(2) 資本政策の立案

エンジェル投資家やVCなど外部株主からの調達を戦略的に実行するためには、経営計画に基づく資本政策が必要になります。資本政策は、一度進んでしまうと後戻りできないことから、計画的且つ慎重に進める必要があります。また、実際に具体的な数字を入れて事前に確認することも非常に重要です。私どもは適切な資本構成及びバリエーションを、貴社の目指すべきゴールから逆算してアドバイスいたします。

 

(3) ストックオプションの設計支援

従業員や外部協力者のモチベーションを上げるストックオプションは、付与条件・行使条件や税務上有利となる税制適格ストックオプションに該当するかどうかの設計が非常に重要です。この設計段階から発行、登記に至るまでを、全面的にサポートいたします。

 

(4) 決算の早期化支援

決算の早期化は、上場を目指す企業にとって必ず実現しなければならないことの一つです。決算早期化を実現するための情報処理フローの再構築、帳票類の整理、効率化のための各種ツールの選定といった体制構築から、それらが実際に運用されるまでの実行支援まで全面的にサポートし、貴社の決算早期化を実現いたします。

 

(5) 開示書類の作成支援

上場申請において必要となる株式公開申請書類(Iの部、IIの部など)、決算短信、有価証券報告書、事業報告、申請書類関係について、アウトソーシングによる作成代行サービスを提供いたします。また、上場後の開示業務を効率的に行うための体制構築もサポートいたします。

 

(6) 監査法人対応支援

実際に少人数で監査対応をしてきたノウハウを基に、四半期及び年度の監査対応を効率的に行うための体制構築をサポートいたします。監査対応を効率的におこなうことで、貴社の人的リソースの大幅削減が達成されるだけでなく、監査時間の短縮にともなう監査報酬の削減にも寄与いたします。

 

報酬について

業務の内容に応じて、プロジェクトあたり報酬、月次定額報酬、タイムチャージなど最適な報酬形態をご提案いたします。また、通常の税務顧問サービスにIPOのご相談も追加したい場合など、貴社のご希望に合わせて柔軟に対応いたします。

 

 

 

まずはお気軽にお問合せください!