管理部門の外注をお考えの方へ

事業活動に必須の基本的な管理業務、例えば経理(月次/四半期/年次)や給与計算、支払い業務などは、一般的には業種を問わず共通した業務プロセスとなります。こうした定型的な管理業務に対応するために、すべての会社が管理部門を構築するにはさまざまな課題があります。

特に、大企業と比べて知名度や待遇の面で劣る中小企業においては十分な経験をもった人材を採用することが困難であり、また、事業の成長スピードが速くかつ不確実性が高い創業初期段階においては、成長への直接的な貢献が見えづらい間接部門に固定費を投じることには慎重にならざるを得ません。

そこで、専門知識や経験により効率的な業務運営ノウハウを有する外部専門家に定型的な管理系業務をお任せいただき、会社のリソースを最優先で取り組むべき事業の成長に集中させられるよう、管理部門のアウトソーシングサービスをご提供いたします。

 

業務の流れ

  • 必要な資料の洗い出し

これまでに作成された最終成果資料(経理であれば残高試算表や総勘定元帳など、給与計算であれば給与一覧など)を拝見し、業務を理解するための質疑応答などを経て、管理業務の外注を進めるうえで必要となる最低限の基礎資料を洗い出します。この既存業務のたな卸しにより、資料の不足や重複を明らかにし、ご担当者様の負担となる資料準備作業を効率化します。

 

  • 資料の受け渡し方法、スケジュールの確認

資料の形態(紙の原本/電子データ)、受け渡し方法(郵送/持参/メール/ファイル共有ソフトの活用)、標準的なスケジュール(資料準備/作業完了)、納品方法などの確認を行います。私たちの作業範囲につきましても、単に作業結果をご提出するだけでなく、過去の結果を踏まえて今後どうするかのご相談や、第三者(親会社、投資家など)への報告書作成など、ご希望に応じて柔軟に対応させていただきます。

 

  • お見積りの提示

業務の内容や進め方のご希望に応じて、個別にお見積り金額をご提示いたします。ご提供するサービスと料金のバランスにご納得いただけましたら、業務開始時期についてのご相談をさせていただきます。

 

  • 実際の業務開始

これまでにお打ち合わせしてきた計画に基づき、業務を開始いたします。なお外注業務という性格上、業務開始直後はご期待されているサービス内容と実際の作業結果が完全にはマッチしない可能性もあります。そうしたズレを早期に把握・修正していけるよう、業務が円滑に流れるようになるまでは重点的にコミュニケーションを行ってまいります。

 

 

まずはお気軽にお問合せください!