コラム

1. 個人事業か会社設立かを選ぼう

事業を始めるときに、個人で事業を行うか、会社を設立するかという問題があります。個人事業、会社設立それぞれにメリット・デメリットがありますので、これから行う事業をよく考えてどちらが適しているかを選択する必要があります。なお個人事業と会社設立のメリット・デメリットは表裏の関係になりますので、以下では会社設立を前提としてそのメリットとデメリットを解説していきます。

 

会社設立のメリット・デメリット

会社を設立して事業を行うことのメリット、デメリットは次のようなものがあります。

<メリット>

  • 対外的な信用力がある
  • 税金を安く抑えられる
  • 資金調達をしやすい

<デメリット>

  • 設立・維持にコストがかかる

メリット・デメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

 

メリット1:対外的な信用力がある

かつて株式会社は、1,000万円以上の資本金がないと設立できませんでした(現在は資本金の制限はなくなっています)。また会社は、会社法という法律で様々なルールが定められており、それに則って運営する必要があります。そうしたことから、会社は財務基盤がしっかりしている、組織的に対応してくれる、信用力が高いというイメージがあります。

 

メリット2:税金を安く抑えられる

個人事業であっても会社経営であっても、事業が儲かっていればそれぞれ所得税、法人税という税金がかかります。それらの制度を見比べてみると、同じ儲けであっても会社経営の方が税金が安くなる仕組みになっています。具体例を3つ見てみましょう。

メリット2-1:所得分散による効果

個人事業の場合は事業の儲けがすべて経営者本人の所得となり、所得税が課税されます。一方で会社経営の場合は会社と役員はあくまでも別人格ですので、事業の儲けの一部を役員報酬として経営者に支払うことになります。

仮に事業の儲けをすべて役員報酬として支払った場合、会社の利益はゼロなので法人税もゼロです。そして、経営者は「給与所得控除」により役員報酬の一部が所得から除かれて所得税が課税されますので、法人税と所得税のトータルの税額は、個人事業の場合の所得税と比べて抑えられます。

メリット2-2:赤字を繰り越せる期間が延びる

ある事業年度に赤字となった場合、その赤字を翌期以降に生じた黒字と相殺して、黒字の期の税金を抑えることができます。赤字をいつまで繰り越せるか(赤字の保存期間)ですが、個人事業は3年間に対して、会社の場合は10年間となります。そのため、数年間赤字を続けてから黒字になる事業などの場合、会社の方がトータルでの税額を抑えることができます。

メリット2-3:家族に給与を支払いやすい

事業を始めたばかりで家族に手伝ってもらうことはよくあると思いますが、その分の給与を支払おうと思ったとき、個人事業だと家族に支払う給料は原則として経費にすることができません。経費にできるのは半年以上その事業に専従していて、事前に税務署に届出をした金額の範囲内で支払っている、などの要件を満たす必要があります。これに対して、会社の場合は、他の従業員と同じように経費とすることができます。

 

メリット3:資金調達をしやすい

会社経営の場合、代表者個人が借入をする際の連帯保証人になれます。「会社」という法人の借入れに対して、「代表者」という別人格の個人が連帯保証をするのです。一方で個人事業の場合は自分自身が借入れをするので、連帯保証人には別の誰かになってもらわなければなりません。

また、株式会社は多数の投資家から出資を集め、事業の儲けをその出資額に応じて還元することができる仕組みとして生まれました。そのため、投資家からの出資による資金調達を考えているなら株式会社の設立を選択することになります。

 

デメリット:設立・維持にコストがかかる

個人事業の場合は家計簿の延長のような簡易簿記による記帳が認められていますから、専門知識がなくてもパンフレットや書籍を読んだり、税務署に聞いたりしながら自分で確定申告書を作成される方もいます。しかし会社の経理や税務申告はより高度な専門知識が求められますから、多くの会社は税理士に依頼することとなり、その報酬が発生します。そのほかにも設立時や毎年の住民税(均等割)など、会社を設立・維持するためのコストがかかります。

  • 設立時の登録免許税・定款認証費用(株式会社で20万円前後)
  • 税理士報酬(申告代理だけで年20万円~、記帳や税務顧問などの追加により増加)
  • 住民税の均等割(年7万円~)
  • 社員5人未満でも社会保険の加入義務がある(会社負担の社会保険料が発生する)

 

おわりに

会社設立にはコストがかかりますが、事業が大きくなったときのメリットが多くあります。一方で個人事業はローコストで、会社運営ほどの制約もなく事業をすることができます。これからどんな規模で事業をしたいのか、上記のメリット・デメリットを踏まえて選択しましょう。

 

 

タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名:佐藤秀峰